なぜ最近の若い方は車の売却をしている事が多いのか

ここ最近では、若い方々の車離れが加速していると言われています。すなわち若い方々は、車を売却をしている事も非常に多いのです。一旦は車を購入したものの、何らかの理由で不要になったので売却をしている若い方々も多数見られます。なぜその方々が車を売却しているかと申しますと、やはり維持コストの問題です。

車を手放してレンタルする方がコストダウンできるので売却する

車の維持コストは、やはり軽視できない一面があります。特に自動車税などは、決して軽視ができないでしょう。
ある方が持っている車の場合は、かなり高めな維持費用がかかってしまいます。というのもその方がお持ちの車の場合、まず自動車税がかなり高めなのですね。自動車税だけでなく重量税なども加算すると、1年間で10万円近くの費用がかかってしまうそうです。
また車を保有していれば、もちろん自賠責などに加入する必要があるでしょう。それもやはり軽視できない金額になってしまいます。そうかと思えば駐車場の料金などもありますね。
それらを全て合計した金額は、50万円近くにもなってしまうのだそうです。1年間で50万という数字は、かなり大きいですね。
それに加えて車のローン支払いなどもあれば、さらに多くの費用がかかってしまうでしょう。ですので車の維持コストは、決してバカにならないのです。
しかし車を売却すると、その維持費用が抑えられる事もしばしばあります。車を売却すれば上記のような税金もかかりませんし、もちろん自動車を持たなければ駐車場の料金もかかってこないでしょう。
また最近では、かなりリーズナブルな金額で車を借りる事もできます。日本西部の色々なところで店舗を構えているある業者の場合、かなり低い金額で車を借りられるのですね。その業者の場合は、1ヶ月で1万円前後で車を借りる事ができます。1ヶ月で1万という事は、単純計算で1年間12万になります。
また車というのは、そもそも毎月利用するとは限らないのですね。月によっては、全く車を利用しない事もあるでしょう。という事は1年間のレンタル費用が、12万円未満になる可能性もあるのです。上記の50万という数字に比べれば、明らかにコストダウンできる事だけは確実でしょう。つまり車を売却してレンタカーに切り換えれば、年間で30万近くの費用が節約できる可能性もあるのです。その維持費用の節約に大きなメリットを感じて、最近の方々は車を売却している事も非常に多いようですね。
ちなみに最近の若い方々のその傾向は、まだ加速しているようです。ですので今後も車売却の件数は、まだ増えてくる可能性があるでしょう。
参照先サイト様:ステップワゴンの買取・下取りで高額査定を引き出す裏技

Comments are closed.